お問い合わせはこちら

沖縄県のおいしいモノ

沖縄県では、他の都道府県では食べられない珍しい食材や料理法なども多くあり、沖縄の大きな魅力の一つです。沖縄料理は沖縄県の郷土料理であり、沖縄独自の食べ方や料理名が多いのが特徴です。沖縄県は台風が接近したり通過したりする事が多い事でも知られていると思います。その影響か沖縄の気候は、通年を通して熱帯性や亜熱帯性であり、その気候が食物の栽培にも影響している為、他の都道府県とは異なる食文化が生まれたようです。特に違いが多いのは野菜類です。沖縄の野菜と言えば「ゴーヤ」が有名ですね。ゴーヤを使った料理はゴーヤチャンプルー(野菜炒め)が有名です。ゴーヤの持つ独特の苦味が特徴で、現在では沖縄県以外でも食べられるようになって来ました。家庭で作られる事も多く、各家庭によってアレンジを効かせたオリジナルな味も誕生しているようです。一般的に使用される具材は、ゴーヤ、にんじん、パパイヤ、もやし、島豆腐です。ここで登場した島豆腐も、沖縄ならではの食材で、一般的な豆腐よりも水分の少ない固めの豆腐です。家庭で料理する際に、島豆腐の入手が困難な場合は、木綿豆腐の水分を十分に抜いた物や一度冷凍した豆腐を使用すると良いようです。また沖縄料理には豚肉を使用した料理も多いのが特徴です。豚は内臓までも食するほどで、そのどれもが一度茹がいてから使う事が多いのも沖縄料理の特徴です。豚の肋(あばら)部分を煮込んだものは、ソーキと呼ばれ、そばと供に食べるソーキそばやソーキ汁などの料理に活用されます。またバラ部分を煮込んだものは、ラフテーと呼ばれ、沖縄料理を代表するほどに人気のメニューです。また豚の耳を細く刻んだミミガーなども、最近では珍しくないメニューとなりました。沖縄料理の人気は大変に高く、他の都道府県でも沖縄料理のお店や沖縄の食材を取り扱う専門店の存在が目立ちます。沖縄県は長寿の県としても有名です。最近の健康ブームも重なり、沖縄県民にあやかりたいという思いも、沖縄料理の人気の高さではないかなぁ…と勝手に予想しています。沖縄のお土産として根強い人気はやはり「ちんすこう」ですよね。沖縄県独自の焼き菓子で、伝統的なお菓子のひとつとも言えるでしょう。「ちんすこう」の原材料は、小麦粉、ラード、砂糖という単純なもの。しかしあの独特の甘さ加減から申すなら、相当な量の砂糖が使用されていると思われます。ここ数年では、オリジナル商品の他に南国を思わせるパイナップル味や、塩味、チーズ味、チョコレート味(周りをコーティングしたもの)なども販売されるようになりました。観光客も最初はもの珍しくて色々と試すものの、最終的にはオリジナルの味に戻る人も多く、やはり伝統の味の人気が高いようです。
お菓子繋がりでもうひとつ。沖縄の揚げ菓子で「サーターアンダーギー」も沖縄と言えば・・・のひとつです。簡単に言えばドーナツみたいなものですが、普通のドーナツよりも使用する砂糖の量が多く、形もげんこつのような形で、密度が高く食べ応えのあるお菓子です。家庭で作られる事が多く、沖縄のおやつとして皆に愛されていきたお菓子と言えるでしょう。

最後に沖縄のお米について。沖縄ではごく一部の地域でしか米作りはされていませんが、「ちゅらひかり」や「ひとめぼれ」といった品種が作られています。米作りに適した環境でない事がその主な理由のひとつですが、他県の米作ほどに「さとうきび」の栽培が盛んです。沖縄で食べられるお米は、全国から取り寄せたものが多いようです。

recommend

スパイスの通販
http://www.namasteboueki.com/
太陽光発電 マンション
http://www.yokohamah.jp/apm_index.html
ダイヤモンドの買取
http://dia-kaitori-1bankan.com/
渋谷 腕時計 電池交換
http://housekihiroba-repair.jp/
金 買取 札幌
http://www.recyclemart-hiraoka.com/

最終更新日:2016/8/31